解説


この問題はループを用いて愚直に約数の個数を数えることで で解くことができます。

問題文でも言及されている通り、整数 の正の約数 の範囲にのみ存在するため、この範囲を探索すれば十分です。実装の際は の偶奇による場合分けに注意してください。

なお、この問題は「正の約数の個数のテーブルを作る問題」に帰着されるため で解くこともできます(もっと高速に解く方法も存在します)。下記の問題も参考にしてください。

解答例


解答例(C++)
解答例(Python)